大分大学医学部小児科学講座

採用に関するお問い合わせ 日本小児科学会大分地方会 大分県小児保険協会

神経疾患

グループ紹介

臨床

小児神経領域はてんかん、急性脳炎・脳症、神経難病、発達障害、重症心身障がい児(者)医療と幅広く、5人の小児神経専門医が診療を行っています。救命救急の現場から、在宅医療まで診療の場も様々です。

2014年7月から小児科、脳神経外科、神経内科の3科で手術適応や治療方針を決める院内てんかん合同カンファレンスを立ち上げ、毎月1回定期的に開催しています。(興味のある方はお問い合わせください。医師、看護師、検査技師、臨床心理師、栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、多職種の方々を歓迎します。)

てんかんは100人に1人に発症します。その7割は治療に反応しますが、3割は抗てんかん薬抵抗性の難治性てんかんが占めます。
その難治性てんかんに対して、脳内でてんかん源となっている部位を切除して治療するてんかん外科治療、迷走神経刺激を介しててんかん発作を抑制する迷走神経刺激療法、古来から行われているケトン食療法といった治療を行っています。

九州では九州大学、福岡市立こども病院、長崎医療センター、鹿児島大学がてんかんセンター化し、各地域のてんかん診療を担っていますが、大分大学も地域のてんかんセンターの役割を担い、脳神経外科と協力して、てんかん外科治療をはじめとした、包括的てんかん診療を積極的に進めていけるように診療に励んでいます。

教育

専門医認定研修施設として日本小児神経学会、日本てんかん学会から認定を受けており、当院での研修でそれぞれの専門医取得が可能です。
毎週、学内で小児神経患児の入院・外来症例の検討会を行い、毎月、小児科、脳神経外科、神経内科の3科で手術適応や治療方針を決める院内てんかん合同カンファレンスを開催し、専門診療に関わる医師の臨床力の向上を図りながら、日々の臨床の問題点を共有・解消し、専門医の取得を目標とした指導を行っています。
日本小児神経学会、日本てんかん学会、日本臨床神経生理学会、各地方会での発表、参加を通して専門領域の理解を深め、最新の知見を得、交流を広める機会としています。

研究

岡成(助教)、川野奈々江(大学院生)はてんかんのモデル動物(ゼブラフィッシュ)を用いて、てんかんやけいれん発作に関連した神経伝達物質・調整物質の研究を行っています。
大分大学医学部神経生理学講座や細胞生物学講座と協力し、てんかんの病態形成メカニズムや発作に関連した分子病態機構の解明を目指しています。
小林(助教)は前田知己(准教授)の指導の下、乳児期早期の自発運動から神経発達症の早期に発見し介入を目的とした研究を行っています。

求められていること、今後のミッション

神経疾患罹患患児とその家族に寄り添い、専門性の高い医療を提供していくことが私たちに課せられたミッションだと思います。特にてんかん分野は科や大学の枠を超えた診療体制を整備し、より専門性の高い医療を提供できるように努めたいと思います。